落水紙 「矢鱈縞」

漉いたばかりの柔らかく濡れた状態の紙に、水の力を利用して透かし文様を描く紙です。

最高級原料である 那須楮100%で漉いた落水紙です。これまで日本で流通してきた落水紙は安価なものだったため、文様に目がいきがちで原材料からこだわったものは少なく、薬品漂白されたものや化学繊維の混ざったものなどが多い印象でしたが、Corsoyardでは天然繊維の持つ光沢や美しさを活かした落水紙を提案しています。

美濃紙と同じように時間をかけ丁寧なかみしぼりを行い、地合い良く丹念に漉きあげた紙です。そのクオリティーをベースに落水技法を付加することで、Corsoyardオリジナルの落水紙となっています。

紙名 落水紙(らくすいし)
文様 矢鱈縞(やたらじま)
漉判 京間判(約64cm×98cm)
重さ 2〜3匁/京間判
原料 那須楮100%
煮熟 ソーダ灰
精製 かみしぼり(ちりとり) A等級
叩解 ナギナタビーター(お見積もりにより手打ち叩解可能です)
漉方 流し漉き
乾燥 紙干し板による天日乾燥
販売価格 3,812円(税282円)
型番 wd003

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ