雁皮紙 中口(1.4〜1.9g)

国産雁皮100%の紙です。時間をかけ丁寧なかみしぼりを行い、地合い良く丹念に漉きあげた紙です。
かつては謄写版(とうしゃばん)原紙に使われていた紙と同じものです。
現在ではライトプレーンの翼用紙や銅版画などにも使われている紙です。
家田紙工株式会社様から販売されている「水うちわ」の原紙にも使われています。

紙名 雁皮紙(がんぴし)
漉判 美濃判(約45cm×33cm)
重さ 1.4〜1.9g/美濃判
原料 国産雁皮100%(岡山産、和歌山産、兵庫産のいづれか)
煮熟 重曹、ソーダ灰
精製 かみしぼり(ちりとり) S等級(最も手間をかけています)
叩解 ホーレンダー(ローラービーター)
漉方 流し漉き
乾燥 紙干し板による天日乾燥
販売価格 2,160円(税160円)
型番 gnps001
在庫状況 入荷待ちです

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ